慢性的な頭痛の解決策を提案

片頭痛、緊張性頭痛、群発性頭痛が一般的頭痛で、すべて当院にて対応しております。

解決策…
頭痛を引き起こす要因として血管性、緊張性、ホルモンの影響、重篤な問題と様々です。その中でも慢性化にかかわる記憶への治療を行うことで条件反射的に起こる頭痛の回避ができます。

改善へのプロセス

  • 頭痛のタイプを把握しタイプ別の施術を行う
  • 筋肉の問題の場合は機能性の施術が有効的
  • 定期的に起こる頭痛の場合記憶やストレスの施術が有効的
  • 緊張と記憶のどちらも並行して施術するのが有効的な方もいます
  • 慢性症状とストレスの関係を詳しく知りたい方に無料説明会を開催しています【予約制】

□ 目次

  1. あたなの頭痛のタイプは?
  2. すべての頭痛に共通する!
  3. 改善策
  4. 誤作動を探る!
  5. この施術を受けて得られること
  6. 無料説明会を開催【予約制】

2~3分ほどで読める内容になっております。

1. あたなの頭痛のタイプは?

あなたの頭痛がどのタイプか分からなくても大丈夫です。

頭痛がどこに、どんなタイミングで起こるか、痛みの質や強さを来院時に教えてください。

◆ タイプの分類

片頭痛は
頭の横で片側に出る頭痛で血管がドクドク痛むことが多いようです。チョコレートやチーズを食べたり、ワインを飲んで悪化するかもしれません。また、頭痛が起こる前に分かるようです。

緊張性頭痛は
後頭部や頭全体に起こる頭痛でしめつけるタイプの頭痛です。よく言われるのが孫悟空の頭に付けられた輪っかがしまるよいに痛む例です。緊張性頭痛が一般的頭痛で最も多いようです。

群発性頭痛は
男性に多く起こる頭痛でこの中でも少数だといわれますが、痛みは最も激しく眼の奥に起こる激痛が特徴的です。頻度も何か規則性があります。
片頭痛の場合は血管拡張での痛みで血圧や自律神経の影響を受けます。

その他
原因不明の頭痛。 痛みがあまりにも激しい。めまいがひどく立っていられない。吐き気や嘔吐もひどい。痛みのため意識が遠のく。呂律(ろれつ)が回らない。など、激しい頭痛の場合は病院への受診をお勧めします。
それ以外の原因不明の頭痛
一度、当施術院にお越しください。

2. すべての頭痛に共通する!

◆ 緊張パターン

すべての頭痛に緊張するパターンがあります。

緊張とは身体や筋肉、血管やメンタルを収縮するパターンを指します。このパターン化したサイクルを悪循環サイクルといい記憶されると慢性的に症状を患うことになります。

◆ 頭痛の緊張パターンによる悪循環サイクル

これが頭痛の悪循環!

社会生活での人間関係や様々な経験は、あなたを緊張させるパターンになり、刺激でありストレスといえます。
このストレスで頭痛が発症しています。

頭痛の悪循環サイクル

とはいえ、
ストレスといっても、自分では気づかないタイプのものもあります。しかし現在、頭痛があるのであれば誤作動していることは間違いありません。

3. 改善策

実は、
社会生活でのストレスを受けたからといって誤作動しなくても良いのです。
今現在、誤作動を引き起こしていることが問題です。

誤作動の悪循環サイクル

◆ 誤作動を施術する!

誤作動が悪い!

誤作動する原因を施術して、誤作動しないように整えることが解決への突破口です。

このように頭痛を起こさない健康的なサイクルにすることが急務です。

誤作動を切り替えて健康的なサイクルへ

◆ 悪循環サイクルからの脱出!

頭痛からの解放!

健康的サイクル

悪循環サイクルから新たな健康的なサイクルになれば、頭痛から解放されます。

4. 誤作動を探る!

◆ 一緒に誤作動を解決しましょう

誤作動を探る検査シーン

抱えているストレスを解放!

あなたの抱える社会的なストレスとは何なのかを、一緒に身体の反応で探る検査を行うことで、自分では気づかないストレスや誤作動を知ることができます。

誤作動を解決して新しい人生を歩みだしましょう。そのお手伝いをするのが当施術院です。

5. この施術を受けて得られること

  • 気づかないストレスに気づき誤作動する悪循環サイクルを断ち切れる
  • ストレスに対して適応力が付き柔軟性が得られる
  • 次に降りかかるストレスに強く適応できる
  • 慢性症状からの脱却
  • 症状の無い生活へ進める