つちこカイロプラクティック
長期的に症状のある方へ
「長期的に患っている症状の改善のためにつちこカイロプラクティックはあります。痛みをできるだけ早くとり、再発を防止し、QOL(日常生活)向上と生活レベルの向上を提供します」
〒160-0022 東京都新宿区新宿1-16-14
大高ビル 2F
電話 03-3350-9133
Mail info@tsuchiko-chiro.com
院長  土子 勝成(つちこ かつなり)

つちこカイロプラクティックコンセプトページ。10年以上の臨床経験からお客様の利益を考えた施術を提供します。

椎間板ヘルニアのと整形外科で言われて困っている“あなた”へ

長期にわたり「椎間板ヘルニア」でお困りの
“あなた”へ

◆ こんな症状でお困りではないですか?

  • 椎間板ヘルニアと言われたけど、腰は痛くない
  • 歩くと数分で足のしびれや痛みで休む
  • 整形外科で椎間板ヘルニアの言われたから間違いない
  • レントゲンでもはっきりとヘルニアを確認した
  • 手術するかどうか悩んでいる
  • 夕方より朝の方が症状はひどい
  • 症状のひどい時と楽な時がある
  • ふくらはぎの痛みもひどくなる
  • 整形外科以外の施術を探している

◆ 整形外科に行ったとき

腰や足の痛みで、病院に行きました。すぐにレントゲンやMRI撮影し、椎間板ヘルニアと言われ、「恐怖」と「不安」でどうしようもなくなったのではないでしょうか?

しかし、

実は、この「椎間板ヘルニアによる神経の圧迫」が痛みやしびれを起こしているのは疑わしいのです。
本当に神経を圧迫していたらかなり危険なのです。

なかなか、信じてもらえないのですが、ほんとうです。

 

椎間板ヘルニアと言われたお客様の感想

● 椎間板ヘルニアと専門医に言われた腰痛と下肢への痺れ

K.Oさん、29歳、男性、IT会社経営(メールにて感想を頂きました)

私は現在29歳で都内でIT系の会社を経営してます。
5年前の24歳の頃に腰のヘルニアを発症し、毎週ブロック注射をして、 痛みを紛らわせながらデスクワークをしていました。
手術も選択肢にありましたが、まだ20代前半だったので再発のリスクを考え断念し、 痛みと痺れと共に生活をすることを決意しました。
痛み痺れが強くなったり弱くなったりを繰り返しながら発症から4年が経った頃、 いよいよ痺れが強くなり1時間程度しか椅子に座れなくなりました。
仕事の中心がデスクワークなので、これは大変だなと。

その時、あるキッカケで土子先生の治療院に出会い、 診療してもらうことになりました。当時は、手術も再度検討しないといけないと思ってましたが、 土子先生の治療院に3回通ったころには椅子に座れるようになってました。
その後も継続的に週1ペースで通わせて頂き、今では、しびれもほとんど感じなくなる程までに回復することが出来ました。 病院でレントゲンを撮ってもらいましたが、診断結果はヘルニアのままです。
ですが、痛み痺れがありません。本当に不思議です。
私が良かったのは、土子先生の治療院に行く前から、長期的な痛みや痺れは脳が影響してるんじゃないのか? という考えを持っており、土子先生の治療に最初から素直に信頼できたことかもしれません。 本当に土子先生には感謝しかありません。

私の場合、腰の痛みや痺れの原因が会社経営のストレスから発症しているパターンでした。 おそらく手術をして、一時的に良くなっても根本のストレスが解消しない限り、また身体は場所を変えて、 痛みの信号を出すだろうと思います。
土子先生の治療院ではその根本の解消法を施術の中でして頂けるので、他のその痛みだけを取り除く治療とは別物です。
長期的に痛みや痺れに耐え、何をしても何処へ行っても良くならない方は1度、土子先生の治療院に行ってみて欲しいです。

   

椎間板ヘルニアが原因だという説明は、もう古いのです

◆ 無症状の椎間板異常

下のグラフは、腰痛のない46名の方をMRI撮影して、内容を聞かされない専門家2名にみてもらいますと、「76%が椎間板ヘルニア」、「85%が椎間板の変性」との見解でした。


(TMSジャパン資料添付)

〇 腰に痛みがないのに椎間板ヘルニアや変性がある

〇 画像での“結果”と“症状”はイコールではないのです

さらに、こんな事実も!

◆ 手術頻度の格差

アメリカでは椎間板ヘルニアか脊柱管狭窄症の手術実施率(手術するとことしないところ)を調べたところ、同じ州でも施設によって1%~47%と50倍近くの格差がありました。

つまり、椎間板ヘルニアの手術をする根拠は全く確立していないのです

また、椎間板ヘルニアか脊柱管狭窄症の手術実施率は、同じ州でも地域によって4倍以上の格差があり、手術をたくさんした地域としていない地域の術後のアンケート調査では、症状の緩和、活動生涯の改善、患者の満足度、生活の質という点で、手術実施率の低い地域により劣っていた。

つまり、手術した方が満足度が低かったのです

さらに、こんな事実も!


(TMSジャパン資料添付)

折れ線グラフは腰痛の初発年齢です。赤が女性、青が男性です。棒グラフの緑は椎間板ヘルニアで、オレンジは骨棘形成を示します。

このグラフによると椎間板ヘルニアや骨棘のでき方は年齢によって増加しています。つまり、老化現象です。

しかし、腰痛の初発年齢は20代~40代がピークで、年齢を重ねると減っています。

椎間板ヘルニア=腰痛ではないことが分かります

椎間板ヘルニアと言われたお客様の感想

● 腰痛と歩行困難、腰部椎間板ヘルニアと専門医に言われ手術をすすめられる

Y.Tさん、51歳、男性、会社員

腰部ヘルニアの診断を受け歩行困難から手術をすすめられるなど長年腰の状態の悪化に苦しんできました。そんな中 土子先生にお会い出来てとても幸運でした。結果はなんと2回で完治してしまいました。驚きです。 心理面がこれほど腰に影響するとは、思いもよりませんでした。心理的なアプローチがあるカイロプラクティックは、初めてでしたが、先生のお人柄とテクニックにより、あまり構えることなくスムーズに原因がわかりました。原因が変わらなくてもこちら側の考え方一つで症状が治ってしまうのは、すごいテクニックだと思いました。あまりに劇的に効果が出たので私の頭が健康な状態に追いついていっていなくて、まだ不思議な感じですが毎日正常に動く体を確認して納得するという何ともうれしい混乱が起こっています。私にとっては、心理面の強大さを体感して理解した人生を変えてしまうような大きな出来事でした。 おそれから来る緊張などには、とても有効に作用すると思いました。この原理を他に応用したら人生が一変してしまうと思います。このような機会を与えてくさださった土子先生には、とても感謝しています。

   

● 椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症と専門医に言われた72歳男性

M.Kさん、72歳、男性

2ヶ月以上左足全体が激痛に悩む中、レントゲンとMRIの検査結果で椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症と診断され、後は、手術の選択肢しかないと思っていた時、たまたまネットで土子先生を知り、半信半疑で治療をお願いしました。先生のアクティベータ治療と心身条件反射療法のダブル療法で毎回セラピーメモを戴き自身でも復習治療を重ねる毎に痛みが激減し9回程の通院で驚きの回復が見られ今は通常生活に戻れました。病院での診断結果は実行せず、土子先生に治療して頂けたことはほんとうにラッキーでした。先生に感謝々でいっぱいです。

 

   

では、何が痛いのか?

◆ 実は“筋肉”の痛みです

筋肉が固まってしまうと、血が行かなくなり痛みとなります。また、動きに対応できないと、動くたびに痛いです。

固まり過ぎた筋肉はトリガーポイントとと言われ、しびれを手や足に出す場合がよくあります。

筋肉の問題はMRIやレントゲンでは写りません。

また、動きによって痛い場合は筋肉であることが分かると思います。

椎間板ヘルニアと診断されてもあきらめることはありません。つちこカイロではそのような方の症状改善しています。

もちろん手術が必要な場合は専門医への受診を進めますが、稀です。

また、国際基準の知識を学びましたので、危険な状態を察知することができます。
安心してご相談ください。

◆ さらに、長期にわたる筋肉の緊張の場合は

〇 ストレスの影響も考慮して施術いたします。

ストレスで胃が痛くなることは、一般的に知られています。現在、ストレスで腰痛になることも、NHKや多くのメディアで報じられています。

ストレスが影響する腰痛に対しても対応しております。

 

● 頸椎椎間板ヘルニアと専門医に言われ10年

Y.Tさん、57歳、男性、会社員

頸椎ヘルニアと診断されて10年、いろいろ試して来ました。まだ結論は出てませんが、病気は自分で治すものと思っています。それを助けてくれるすばらしい指導者として土子先生を信頼しています。土子先生の施療が終わると首が「まっすぐ」になることが実感でき、可動域がひろがってとても楽になります。この状態をいかにキープするかが、今の課題ですが、以前と比べてゴルフをした後の首の痛みが軽減され、スコアも良くなりました。

   

ご自身の椎間板ヘルニアに違う施術をお探しの方はご連絡ください

一緒に問題解決をしましょう。

未来は明るいものになりますよ。

   

ご予約は電話一本ですぐ

電話番号 03-3350-9133

丸の内線 新宿御苑前駅から徒歩2分です

お気軽にお問合せください

笑顔で対応させて頂きます

詳しくは お問い合わせページをご覧ください

お問い合わせページへ