音楽家のフォーカルジストニアが起こるメカニズム

自分では気づかないストレスが影響しています。

フォーカルジストニアは局所性ジストニアとも呼ばれ、いつもできていた動きが突然出来なり、その後も日常生活では問題ないのにある状況においてその動きだけが出来なくなってしまう状態をいいます。色々な職業、動きで見られますが、とくに正確で繊細な動きと感性が必要とされる音楽家の方には起こる頻度が高いと感じます。はっきりとした原因は解明されていませんが、当院のPCRT療法で間違った動きの学習記憶と感情との関係をひも解くことで克服へとつながっています。

発症のきっかけ

発症のきっかけの一つとして、多くが演奏中に起こしたミスの経験や何らかの失敗が引き金になっています。その時の体験から恐怖や失敗を恐れる不安を覚えます。

とはいえ、自分では気づかない感情かも知れません。無意識に起こっていることです。

次に同じ場面(演奏する場面)で、以前に無意識に覚えた恐怖や不安が思い出され、また失敗するのではないかという考えや感じを受けます。
その感情や感覚のままで演奏を行い、また同じ失敗をしてしまったとします。

すると、脳の中では、
演奏前の不安・恐怖は失敗する感覚として間違いないと認識します。つまり「この不安・恐怖」=「失敗の動き」と結び付けられてしまいます。そしてそれ以後、同じ場面や類似のシチュエーションでこの不安・恐怖を感じるだけで身体の誤作動(失敗)へとつながっていくのです。これを当院では「誤作動記憶」と呼んでいます。
そしてこの誤作動記憶は繰り返されることによって強化されていきます。そうして、ある場面、ある状況だけにフォーカルジストニアが発症してしまうのです。

さらに同じ経験をすると、この誤作動の神経回路は強化され、敏感な神経回路になります。

このように敏感になると、演奏だけではなく、その時の季節や暑い寒い、匂いや音、人の気配などあらゆる五感からの刺激も記憶されスイッチになります。このようになった方は、演奏だけではなく日常生活にまで症状が現れることがあります。

解決策は?

不安や様々な感情を生み出すあなた自身の思考パターンに切り込みます。

あなたの考え方のクセや思考パターンは、誤作動スイッチを敏感にさせている思考パターンをひも解いて誤作動しないようにすることがフォーカルジストニア克服のカギです。

フォーカルジストニア施術の5つのステップ

  1. フォーカルジストニアの認識
  2. フォーカルジストニアになる構図の明確化
  3. パターン化された無意識の考え方を知る
  4. 身体の反応から無意識にあるスイッチを探る
  5. 脳のリハビリテーション

1. フォーカルジストニアの認識

フォーカルジストニアとは、どうゆうものかの理解することが最初のステップです。

フォーカルジストニアを知ることで何をすればいいか分かるようになります。

2. フォーカルジストニアになる構図の明確化

誤作動のスイッチを探るために五感と記憶を探ります。

外から入ってくる情報は五感を通して身体の中に入ってきます。それと記憶です。どのような情報で敏感になっているかを探るとイップスになる構図が見えてきます。

3. パターン化された無意識の考え方を知る

誤作動記憶につながる思考パターン

考え方のクセをひも解き、どのようなスイッチがあるかを知ってもらいます。

4. 身体の反応から無意識にあるスイッチを探る

身体に訊く(きく)検査により、無意識内にあるスイッチを検出します。独特の検査を理解してもらい行うことで、スイッチ検出は効果を生みます。

5. 脳のリハビリテーション

新しい神経回路のループを強化するために、リハビリテーションを行いフォーカルジストニアにならない神経回路の強化を図ります。

フォーカルジストニアで悩んでいる方へ

フォーカルジストニアの原因は、脳内で起こる記憶の問題です。その選択肢として手術を選択される方、薬を使用される方も多いと思います。しかしその前に誤作動している記憶への治療を行ってみませんか?

記憶の施術は目に見えません。しかし施術を「感じてもらう」ことは出来ます。それはサイエンスでは計り知れない、人間が持っている治る力のスイッチを入れる治療です。サイエンスかアートかと聞かれるとアートの要素が多い治療になります。

自分の治る力をアートする。

フォーカルジストニアになられた音楽家の方々には分かる内容だと思います。それは、音楽もサイエンスではなく、アートだからです。

あなたの中のアートの力も使ってフォーカルジストニアを克服せんか。

☆ 予約される前に見て欲しい動画です